マツダが6気筒エンジンを新規で採用!でもそんなの必要なの?

 
マツダが時代と逆行するかのごとく新規に6気筒エンジンを採用することを決めています。
これは新しい取り組みであり予想ではアテンザやCX-5などの上位車種を高級化するという狙いがあるようです。


6気筒エンジンになると何が変わるのかと言えばエンジン自体の差別化がなされて同メーカー内の車種はもちろん、他社の車種とも肩を並べるような形になると考えられます。
現在でも欧州プレミアムブランドは6気筒や場合によっては8気筒エンジンを採用する車種もあり、そういった車種と同じ位置付けになるような車種を作ることを意味しているでしょう。

6気筒エンジンだけではなく縦置きのFRレイアウトを採用すると見られており現状ではFRを採用する国産メーカーはトヨタと日産となっています。
FRが高級車の代名詞であるかと言われると何とも言えないところはありますが確かに高級車に採用されているのはFR方式であることは否めないでしょう。

レクサスはセダンでも一部、FFを採用していますがこういったケースは例外であると言えるかもしれません。

V6ではなく直6で行くマツダ?


マツダはさらに攻める姿勢を打ち出していて6気筒と言ってもV6エンジンではありません。
直6を採用するということで現状ではBMWのみが頑なに採用しているエンジン型式であると言えます(ベンツもあるが)。

直6はエンジンスペースを多く取る型式でありどうしても嫌われるエンジンであると言えます。
マツダが先般発表したヴィジョンクーペはロングノースでこれなら直6であっても不思議ではないでしょう(※ただし最近のマツダは大体ロングノースだ)。

そういったことで直6を採用するとなると前が長い重い車になるのかなと思われます。

ガソリンとディーゼルで直6を新開発


マツダの特異な点とはガソリンだけではなくディーゼルも同時に直6を新開発しているということです。
普通はいずれかになるというかガソリンエンジンのみじゃないですか?
しかし最近のマツダはクリーンディーゼルが売りでこちらも高級化して6気筒にするようです。

そしてさらにSKYACTIV-Xも6気筒ある?という噂もあってマツダの攻めの姿勢はどうなるやらといったところです。

6気筒が売れることはないのか?


日本では早くも6気筒化を危ぶむ声があります。
というのも人気車であるCX-5すら6気筒FR化されるとなると価格が100万円程度上がるという予想になっています。
現行車は300万円程度のミドルSUVですがこれが400万円前後からのスタートとなる見込みです。

アテンザはそもそも高級化してプレミアムなセダンとなって再スタートするべきだという声が多いのですが売れ線であるCX-5は反対の声が多いのも事実です。
CX-5が売れているのは割安だからという評価もありますしこれがFRになって高級化すると買いづらい人は増えるでしょうね。

アテンザに関してもそもそも台数が売れていないので物珍しさに買う人は少数いるのでしょうがクラウンのような価格帯になればさらに売上台数は厳しいものとなる可能性は否めないでしょう。

マツダが6気筒に踏み切った理由とは?


マツダが6気筒に踏み切った理由というのは明確です。
それは6気筒のようなエンジンにこだわるしかもう選択肢が残されていないということでしょう。
最近のマツダはデザインに凝って成功を収めてきたと言えます。

国産車ではデザインで売るというメーカーはマツダ以外にないと言えるでしょう。
しかしそれもここに来て限界があるという形になっています。

またマツダはプレミアムブランド路線を目指していてボルボやアウディといったメーカーのような存在に脱皮しようと考えているのです。
そうなるとエンジン自体の高級化は避けられずこれまでの既存のユーザーは切らざるを得ないということになるでしょう。

これまでの客層は程度の低いエンジンでそれなりの品質で日本車価格で購入できて満足でした。
しかしそれではマツダが今後生き残ることはできません。
そういった客層は捨ててしまって(トヨタなどに任せて)高級車を購入する客層に訴えかけるような車種を作っていくということにシフトしていこうとしています。

日本では全く売れなくなるのではないか?という懸念はあるもののそこは切り捨ててグローバルブランドになっていくことで更に売上が伸びる可能性があると考えられます。
自動車会社は国産メーカーも軒並み日本人の顧客がターゲットである車の開発を止めているのが現状です。
日本人の多くはまだ気付いていないのですが日本向けに車を開発しているのはトヨタと軽自動車メーカーくらいなものでしょう。トヨタもほぼグローバルカーばかりで日本向けは少数です。

スバルも同様でレボーグという1車種だけが日本向けで他車種は北米仕様です。もっとも日本人は「最近スバル車が大きくなったな…」くらいにしか考えていないことでしょう。

マツダについては微妙なところはあります。まずどこ向けの車を作っているのかはよく分かっていない節があります。
マツダが目指すべき市場というのはやはり北米か中国であるということが言えます。
しかし作っている車種はどうも欧州向けで今後の成否はやはり6気筒のラージサイズFR車が鍵を握ります。
これが北米でどれくらい支持されるのか?もちろん屋台骨である新型CX-5の出来次第で評価や売上は大きく変わっていくことでしょう。

車買取 岐阜